ひざ痛 歩けない

つらいひざ痛−4つの主な原因って?

 

膝は体の中でも、何かと痛みを感じることの多い部分ではないでしょうか?

 

膝の痛みの原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)のほとんどは、変形性膝関節症だと言われています。

 

ただ、変形性膝関節症になってしまう原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)は様々なので、少しご紹介していきたいと思います。

 

中高年になると、まず、軟骨が磨り減っている場合、膝に痛みを感じます。

生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)していく上で、毎日立ったり座ったり歩いたり、当たり前のように行っている動作そうはいっても、これらの動作で膝に負担が掛かって、年々軟骨が磨り減っていらっしゃるのです。

 

あとは、体重の増加などでも、軟骨が磨り減ってしまいます。

 

それに、年齢と共に膝の筋力(加齢とともに?えていくので、できるだけ日常的に意識して鍛えることが大切ですね)も低下しており、この筋力の低下も膝の痛みの原因の一つです。

 

中高年の場合、若い時から比較すると、筋力が50〜60%にまで低下してしまうと考えられているんですね。

 

筋力が低下したことで、自分の体重を支えることが出来なくなり、膝に負担が掛かりしまうのです。

 

筋力を低下させないためにも、適度に運動しなければなりません。

 

但し、登山やハイキングなどは、逆に軟骨を磨り減らしてしまうことになりかねないので、運動のしすぎにも注意してください。

 

さらに、血行不良(自律神経の乱れや運動不足など、様々な要因が考えられます)も膝の痛みの要因となるのです。

 

年齢を重ねると、動脈硬化などでお悩みの方も多くいらっしゃると思いますが、膝の軟骨を修復させるための栄養素は血液と共に運ばれてきます。しかし、血行不良ですと、栄養素がスムーズに流れて来ないので、修復されるのに時間がかかってしまって、痛みを伴うのです


 

グルコサミン、コンドロイチンは膝痛に効く?

 

最近では、膝の痛みを緩和するために、グルコサミンやコンドロイチンというようなサプリメントを使っている方が多くなっているんですね。

 

一体、グルコサミンやコンドロイチンがどのような物なのか、少しご説明していきます。

 

まず、グルコサミンです。

 

グルコサミンは元々、体内で作られているんですが、年齢を重ねると共に、体内で生成される量が減ってしまいます。主にエビやカニ(お取り寄せするなら、むき身になっているものの方が食べ応えがあるでしょう)など、甲殻類の甲羅(脱皮直後は柔らかいので、外敵に食べられやすくなってしまいます)から製造されていて、膝の痛みに大きく関係してくる軟骨(加齢と共に擦り減ってしまうことが多く、関節などに痛みを感じることが増えます)の重要な構成成分なのです。

 

グルコサミン(サプリメントなどを服用することで、どのくらい関節痛が改善するかは十分に検証されていないことが多いでしょう)には軟骨の水分を保ったり、形成と破壊のバランスを維持する作用があります。

 

そのようなことから、グルコサミンは関節の修復を行うことで痛みを軽減し、更に、自然治癒力を高めることが出来るという研究結果が出されています。

 

そのほかにも、3年間毎日グルコサミンを摂取していった結果、軟骨の磨り減りが停止して、膝の痛みが改善したという例もあります。

 

次に、コンドロイチン(関節のクッション的な役割を果たす、細胞組織の保湿性を高める効果があると考えられています)は、主に鮫などの軟骨から製造されているサプリメントです。

 

食物繊維の一種ですが、水分を保持する作用や新たな細胞を作るために作用しています。

 

膝痛の改善のためには、グルコサミンとコンドロイチン(副作用はあまりありませんが、場合によっては腹痛や吐き気などが起こることもあるでしょう。また服用している薬などがある際には医師や薬剤師に相談すべきです)を5対4の比率で摂取するのが理想(もし、得られたと思っても、こんなはずじゃなかったと思ってしまったり、さらなる欲望が湧いてくることも多いようです)とされているのです。

ただ、グルコサミンとコンドロイチン(経口薬や点眼薬としても使われています)を摂取したからいって、即座に膝の痛みが全て無くなるという訳ではありません。

 

摂取してから数週間程で効果が現れると言われていますが、効果の現われ方には個人差あり。数日で効果が出た方もいれば、8週間後に効果が出たという方もいますから、気長に続ける事が大切です


 

ベアミネラル 店舗 ハワイにも本場ベアミネラルはあります。ただ、日本の公式ページにはハワイの情報はありません。


TOPページ グルコサミン 関節痛 ひざ痛 このサイトについて